命がけの鍼灸治療|福岡市中央区唐人町の治療専門鍼灸院おるきのブログ

こんにちは!福岡市中央区唐人町の鍼灸院おるき、院長の小野です。

今日、オーナーさんと話してたんだけど、僕はこの仕事についてよかったと思っている。

 

でも、同時にとても恐ろしい。

それは、患者さんや家族の方の人生に関わる仕事だから。

昔は『失敗しても命に関わることはないから、気楽に治療できて良い。』と思っていた。

それが、『先生に会えて良かった!』と言ってくれる患者さん、『先生にずっとついていきます!』と言ってくれる患者さんが増えるたびにどんどん恐ろしくなった。

僕は痛みの治療を得意としている。

痛みは生活の質を大きく低下させるし、そのまま放っておくと腰痛ならヘルニアや脊柱菅狭窄症、膝や股関節の痛みなら変形性膝関節症や変形性股関節症に進行いしてしまう。

そして、痛みがあるとどんどん動かなくなるから認知症や寝たきりになるリスクが非常に高くなる。

 

僕らがうまく対処できれば、それは起きない。

つまり、失敗したらその患者さんの人生だけじゃなくその患者さんの家族の方々の人生まで狂ってしまう。

それに気づいた時、治せない患者さんが来たらとてつもない恐怖が襲ってきた。

だから、常に最善を求めて学ぶようになったんだけれども。


僕の仕事ぶりを見学に来られた先生は色んな感想を言ってくれる。

技術があって僕も尊敬している鍼灸師の先生は『なんでそんなことに気づいているんですか!?とんでもないことをやっていますよ!』って言ってくれた。

免許取り立ての先生は逆に、『先生のやっていることがだいたいわかりました!私もこれでなんとか治療に立てそうです!』って言ってた。(ここがちょっと面白い。)

そして、先日来てくれたドクターの先生は『こんな壮絶な医療現場があるなんて・・・』と言っていた。
毎日手術現場に立って命に触れ合っている先生にそう言われるのも、なんだか不思議な気分だった。

命がけの鍼灸治療。

 

それだけ魂をぶっこんでこれからも患者さんの人生に関わって行ければなぁと思う。

階段の先にある希望になりたい|福岡市中央区の鍼灸院おるき唐人町治療院ブログ

こんにちは!鍼灸院おるき、代表の小野です。

今日は唐人町治療院に出勤。

ギャラリー京さんの2階にあって階段を上った先がうちになっている。

エレベーターはもちろんないんだけれど、是非、膝や股関節の変形性関節症、腰痛などで悩む人にきて欲しい。

これは僕も松本先生も、得意分野が変形性関節症ということもあるし、来た時に一生懸命上った階段が帰りにどれだけ楽に降りられるようになっているかを実感して欲しいから。

今日は、変形性膝関節症になりかかってる患者さんの治療だった。

半月板損傷の診断も受けていて、歩くと膝がガクガクなったり夜眠る時にシクシク痛むのがお悩み。

例によって整形外科では『年齢からくるものだから諦めなさい。痛くなったら手術をしましょう。とりあえず、膝に(ヒアルロン酸)注射打ちますね。』、整骨院では『骨盤がずれていますね。ガクガクいうのは特に問題ないので気にしなくて良いです。』と言われたらしい。

ガクガクずれた感じがして痛いから行っているのに気にしなくても問題ないとはこれいかに?

 

まぁ、他院は他院、うちはうちです。

 

M-Testでさっそく診断。色々気になったけれど、足首の動きが一番の原因らしい。

せっかくなので、いきなり鍼は使わずストレッチさせてみる。

アキレス腱をゆっくり伸ばして雑談。この間30秒。

 

『はい。じゃ、もう一度膝を動かしますね〜!』

 

「あれ?ガクガクが減ってます!」

良かった。関節は若返ることができました。

 

流石にストレッチで全部は取り切れていないので足関節、膝関節、股関節、背骨の順にちょっとずつ調整。

ベッドから起き上がったら「痛くない!!!」

そのまま促して階段に移動します。

『さ、一応隣歩いておくけれど、手は貸さないから自分の力で降りてみて。』

「え・・・ガクってなったら恐いんですけど・・・」

『大丈夫大丈夫!治療効果も確認しなきゃ!』

「わかりました。」

恐る恐る踏み出して、普通に階段を降りてゆく。そして上ってくる。

「痛くなかったです。」

『すっごい不安そうでしたけど、痛くないのになぜ???』

「痛くて恐いのが無くなって、急に良くなりすぎて恐くなりました。」

だって。

多くの患者様が治療を受けた後に「今まで通っていたのは何だったんだろう」って感激してくれる。
これは治療家としては非常に嬉しいこと。
これがあるからやめられない。

 

 

椎間板ヘルニアの診断。でも、症状は?|福岡県福岡市西区今宿の鍼灸院おるきのブログ

こんにちは!

福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

今日は県外から腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けた人が診療に来てくださいました!

片道3時間かけて来られたとのことで、それだけで頭が下がる思いですがやっぱりそれだけきつく、何とか治る方法を探して来てくださったんだと思います。

ですが、やっぱり車で3時間。腰痛の症状が出る椎間板ヘルニアの方にとっては非常にきつい!

遠くてすみません(汗)。

今日も途中から座っているのがきつすぎて帰ろうかと思ったそうです(焦)。

さて、椎間板ヘルニアですが、患者さんは実に色々な症状に悩みます。

痺れがある人、痛みがある人、足がつりやすくなる人、お尻の痛みが取れない人、様々です。

病院に行っても、ある病院では椎間板ヘルニアといわれ別の病院では脊柱管狭窄症と言われさらに別の病院では腰の骨がすべっている(すべり症)と言われて、どれが正しいのかもわからなくなっている人がほとんどです。

でもこれ、実は全て正しいんです。

医師によって見るポイントが違うだけで、でもレントゲンは今の状態を現しているわけですから。

きっと、あなたの腰の骨はヘルニアになっていて脊柱管が狭くなっていてちょっとすべっています。

意外かもしれませんが、腰痛の症状が全くない健常者でも腰のMRIを取るとヘルニアが見つかったり脊柱管の狭窄があったりします。

じゃあ、なぜ症状がある人と症状がない人がいるかですよね。

これは、腰につながっている筋肉や筋膜の柔軟性があるかないかだと思います。

症状がある多くの患者様が、足首から骨盤、背骨、首へとつながる身体の縦のラインに問題があります。

特に足首が硬い人とかは多いんじゃないかな〜(>_<)

治療はポイントを絞って、腰に負担をかけている筋肉をほぐしていきます。

今日の患者様はだいたい15分で症状が全て改善しました^ ^

手術をしてしまった人や経過が長い人は改善まで時間がかかることもありますが、生活の質を取り戻すためにはいずれにしても対策が必要になります。

その対策として、当院の治療を選択していただけると幸いです。

M-Testと腰痛

こんにちは!

福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

今日はM-Testのインストラクターらしく、M-Testが腰痛をどのように解釈しどのように治療していくのかについて解説いたします。

M-Testは全身を動かして筋肉(経絡)に負荷をかけていき、動作をした際に出てきた症状に対して対応しようという方法です。

じっとしていても痛いとか、痛みが出る場所が気になるとか、そういうのは最初は考えません。

じっとしていても痛い人も、身体を動かすともっと痛くなる動き(痛みが増悪する動き)や、逆に楽になる動きが見つかると思います。

全身を30項目、58通りの動きに分けて分析していきます。

この時に出てくるネガティブな症状(痛み、違和感つっぱり、不快感、めまいなど)を全部所見とみなします。

所見が見つかると、今度は全身を6つのブロックに分け治療していきます。

6つのブロックとは、前面、後面、側面(3通り)×上下肢(2通り)となります。

それぞれ、便宜的に上下肢の前面異常、後面異常、側面異常と呼んでいます。

さて、今回は腰痛のお話ですので腰痛の解説にします。

M-Testの治療対象は症状、病名を問いません。腰痛症でも脊柱管狭窄症でも腰椎椎間板ヘルニアでも、それぞれ前面、後面、側面のどのブロックに痛みや陽性所見が現れるかで治療していくポイントが変わってきます。

ちなみに、脊柱管狭窄症の患者様とかは、『私の症状は歩くと痛みが出てくるからその場で動かして痛いとかの話ではない!』と言われる方も多いのですが、一緒に動かすと案外見つかりますよ!

陽性所見が見つかると、そのブロックに対応した治療が必要なわけですが、手順としては指で軽く治療ポイントと考えられるツボに触れながら陽性所見の動きをしていきます。

この時に、動きが楽になればそこが治療点、楽にならなければそこは治療点ではないと判断できます。

良く、『触っただけで動きが軽くなるわけない!』と言われますが、これは、身体の反射を利用して行いますので効くポイントに触れていれば必ず軽くなります。

身体が軽くなるポイントが見つかって、まだ症状が残っていれば次のポイントを探し、もう症状が完全になくなっていれば次の陽性所見を治療していきます。

そして、前に屈んだり後ろに反ったり身体をねじったりジャンプしたりベッドから起き上がったり、そんな腰を動かした時に出てくる症状全てを感じなくなると治療が終了になります。

M-Testの良いところはその場で答え合わせをしながら治療していくので答えが見つかれば必ず身体が軽くなる点、シールタイプの鍼を使うのでその場ですぐに効果を確認できる点、シールタイプの鍼のおかげで治療の持続効果がある点、使い捨ての鍼を使うので衛生面で安心な点、即効性がある点など挙げればきりがありません。

考え方もシンプルで、痛い動きを見つけて、その動きを答え合わせをしながら楽にしちゃいましょう!なので、応用の幅もものすごくあります。

実は、師である向野義人医学博士が鍼灸業界にM-Testを発表した際、『こんなに便利で良く効く方法が発表されれば若い鍼灸師が鍼灸の古典を勉強しなくなる』と言われて日本の鍼灸業界から締め出しをくらってしまったという経緯があります。

非常に簡単で効果も世界に認められている方法なのにもかかわらず、ちゃんと活用できる鍼灸師が少ないのはそのためです。

今、世界でどんどん広がりを見せているので(向野先生は今年、2回海外に招かれて講演されます。)日本に逆輸入される時期も近いでしょう。

腰痛がある人は、身体を動かしてみてください。後ろに反って痛い場合は前面異常、前に曲げて痛い場合は後面異常、横に曲げたりねじったりして痛い場合は側面異常です。

異常が見つかれば治療は簡単です。その際にはお問い合わせください。

シンプルに考えるからこそ色んな症状、病態に応用できるM-Testを是非、皆さんに知ってもらいたいと思っています。

ぎっくり腰への間違った対処|福岡市西区今宿の鍼灸院おるきブログ

おはようございます!

福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

治療中などに患者様から良く、『近所の整体で◯◯と言われたから私はここが悪い。』という相談をされます。

医師以外の国家資格である鍼灸師や柔道整復師などをお持ちの先生方は法規制のため意外とこういうことを言えないのですが(診断権は医師しかありません)、日本では資格として認められていない整体やカイロプラクティックの先生などが知識の範囲内でおっしゃっている場合が多々あります。

(アメリカでは国家資格で6年制の大学で学ばなければ資格がとれませんが、日本でひどいところだと2週間程度の座学研修で資格を発行する民間団体があります)

先日も、ぎっくり腰になっているから良く冷やしなさい!そして安静にするしかないから病院などの他の治療に行っちゃダメです!と言われた患者様がいました。

腰痛は骨盤の歪みが原因です!なんかの都市伝説レベルの話を未だにおっしゃっている先生が多いのも困るのですが、ぎっくり腰に対して良く冷やしなさいもあまり意味がありません。

おそらく、急性期の処置=RICE(S)が根拠になっているのかな?

我々は急性外傷への対策として、安静(REST)、冷却(ICE)、圧迫(COMPRESSION)、挙上(ELEVATION)、固定(STABILIZATION)を基礎の基礎として教え込まれます。

そのため、急性期の症状=RICE(S)が第一選択と考える先生が非常に多いです。

また、野球選手などのスポーツ選手が試合後にアイシングをしている姿も馴染んできましたのでそのイメージで話されている先生もいらっしゃるのでしょう。

スポーツ後などにするアイシングは局所の疼痛閾値の低下や局所の炎症の改善などにも有効ですが、一番の目的は深部の血流を改善させて損傷した組織の回復を促すのが目的です。

感覚がなくなるぐらい(およそ15分〜20分)冷やすと深部の血流が増大します。そうすることで通常、筋肉の再生には48〜72時間かかるのを、もっと早めてあげよう。そういう目的があります。

ぎっくり腰の場合、組織の炎症はあっても出血を伴う組織の損傷は少なく、アイシングの真の目的は必要ありません。

ちなみに、『湿布で冷やすと痛みが取れるじゃないか!』と反論する先生もいらっしゃいますが、これは湿布に混ざっているハッカ成分がスースーするだけです。痛みが取れているのは湿布の有効成分である鎮痛薬が効いているだけです。

では、どのように対策をとれば良いかですが、確かに安静という時間の薬が一番です。そして、復帰を早くするための対策として温熱療法(ホットパック)、マッサージ、鍼治療、脊椎マニュピレーションが有効とされています。

特に温熱療法は術者の先生の技量に左右されないこともあり、日本の腰痛治療ガイドラインでも、世界の腰痛治療ガイドラインでも推奨されている有効な方法です。

慢性腰痛にはあまり効果がありませんが急性腰痛には高い効果を発揮します。

冷やすのとは真逆ですね。

そして、ガイドラインには、冷やす行為は出てきません。

こういうガイドラインは、システマティックレビューと言って科学的根拠を打ち出す最も質の高い研究によって決定されるので、冷却が有効な場合には掲載されるはずです。

ぎっくり腰になった時には自宅で簡単にできる対策として是非、温熱療法を試してみてください。

濡らしたタオルをレンジでチンすれば良いです。

時点のマッサージ、鍼治療、脊椎マニュピレーションですが、この中で日本で国家資格なのはマッサージと鍼灸だけですので、ぎっくり腰になったらまずはマッサージの先生や鍼灸師の先生を頼ってみてくださいね。

 

家族のケアも頑張らねば!突然の妻のめまい|福岡県福岡市西区今宿の鍼灸院おるきブログ

こんばんは!福岡県福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

昨日のことですが、治療院を閉めて帰宅しようとした時に妻から『なんか、めまいがする。直せる?』とLINEが届きました。

『とりあえず鍼を持って帰るから待ってて(焦)!』

と慌てて帰宅。

帰ったら妻がフラフラしていたのでとりあえず座らせ、眼振やバイタルをチェック。同時にM-Testもチェックしました。

とりあえず、危険性のあるめまいではなさそうだったので治療開始。

判断したところでは肩こりが原因で頚椎に負担がかかり、それでめまいが誘発されたのではないかという感じです。

ソマレゾンを使って脊柱の動きを良くし、頚椎へのストレスを緩和。同時にオステオパシーで頸部の動きを整えて起き上がるとスッキリした感じ!めまいも改善していました^ ^

日頃子育てで目が回るように忙しくしている妻ですが、最近は僕も忙しく、妻のケアができていませんでした。。。

反省です。

今日はゆっくり眠れるようにマッサージをしてあげたいですね。

鍼灸院おるきは妻をはじめ、いつも頑張っているママさん達を応援しています!キッズスペース、デカフェコーヒーをご用意してお待ちしています!

患者様に感謝!

こんばんは!

福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

今日はありがたいことが多くあったので感謝をたくさんする日でした。

まずは、複数の患者様が県外からはるばる受診してくださったこと。

近所の患者様ももちろん大切なのですが、当院の治療にそれだけ価値を見出してくださっているということで、来ていただくだけで嬉しく思いますし身が引き締まります。

欠点は、せっかく口コミしてくださっても広がりが難しいという点でしょうか。

片道3時間だそうです。下手な治療はできないとドキドキしますね(>_<)

さて、2番目は近隣の患者様がわざわざ当院のパンフレットを配るために取りに来てくださったことです。

その患者様は治療では1回だけ関わらせていただきその後は調子が良好なのですが、口コミを広めてくださりパンフレットをどんどん配ってくださっています。

いつも、非常にありがたく感じます。

最後に、腰椎椎間板ヘルニアと筋膜の関係が治療中に理解できたことです。

当院が行っている治療法M-Testでは、その都度、患者様への治療の反応を見ながら治療を行います。

その際、いろいろと発見できるのですが、今日はヘルニアと筋膜でした。

M-Testで専門的に治療を行うとどんどん新しい発見があるので施術を行っているだけでさえどんどん治療が上達します。

 

これからも遠方からご来院くださる患者様、近場で当院に協力くださっている患者様、新しい発見をくださる患者様に応援を頂きながら毎日の診療を頑張りたいと思います!

脊柱管狭窄症の治療について

脊柱管狭窄症はこじらせた人が多く、治療を受けた後も効果の持続を実感しにくい病気です。

当院でも、最初に患者様に『治療を受けた後、何日かは調子が良いけれど必ずぶりかえします。でも、毎回の治療後には軽さがどんどん増えていますし、歩ける距離も徐々に増えていきますよ。』

と説明させていただいております。

確かに、短期間で治るにこしたことはありませんし、患者様がそれを望んでいるのはわかります。

しかし、これまでどんな治療を受けても全く痛みや痺れが緩和されなかった状態の方が当院の治療を受けて1日だけ良かった。次は2日間良かったとどんどん状態が安定している日数が増えていたら、それは良くなっている証です。

脊柱管狭窄症は歩いたり立ち仕事をしていると痛みが出てくるやっかいな病気です。

生活の質を大幅に落としてしまいます。

だからこそ、焦らず根本から改善し、二度と痛みや痺れに悩まされない身体を手に入れて欲しいと願っています。

痛くて眠れない五十肩。動かすべき?動かさず安静にすべき?

こんにちは!福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

今日は五十肩の患者様にたくさん来ていただいたので五十肩についてです。

五十肩になったことがある人はわかると思うのですが、『五十肩は動かした方が良い!』と言われたことと『五十肩は動かさず安静にした方が良い!』と言われたことがあると思います。

今日、来られた患者様も整形外科で『あ〜。五十肩だね。』と言われリハビリを開始。最初は動いていた肩がリハビリを繰り返すにつれ痛みがひどく、だんだん動かなくなっていったそうです。

その旨を病院に伝えると『まぁ、五十肩だからね!時間が経てば自然と良くなるよ!』と言われ、『え?じゃ、リハビリしても意味ないのでは?』と思ったそうです。

一応、セカンドオピニオンをしてみようと他の病院に行くと『五十肩でそんなに動かしたらダメだよ!安静にしておかないと!』と怒られ、もう何が正しいのかよくわからなくなったそうです。

他の患者様も鍼灸院に行っていたそうですが、『五十肩は1年や2年、病院に通い続けるのが普通で、鍼灸で調整をするとその期間がちょっとは短くなりますよ!』

と言われ、通っていたら痛みがひどくなってきて当院に来られました。

さて、五十肩ってそんなに時間がかかって、痛みも取れないものなのでしょうか?

夜、痛みで眠れないのが1年も2年も続くのって嫌じゃありませんか?

五十肩は正式には、『肩関節周囲炎』という病気です。

その名の通り、肩関節の周囲に炎症がある状態です。

炎症があるので当然痛みがあります。

当然、治療家はみんな炎症を取り除かないと痛みが取れないと考え、いろいろな治療をしていきますが、この時に患者様は『動かしなさい!』とか、『動かさないように!』とか言われてしまい、ワケがわからなくなるのです。

では、どっちが正解なのでしょう?

経験則になりますが、どちらも不正解です。だから、長くかかります。『1年や2年治療を続ければ良くなるよ!』としか言えなくなります。

1年や2年て・・・治療が効いたんじゃなく、自然治癒でしょう!?どう考えても!!!

体内に炎症があると、発痛物質が分泌されるので痛みが出ます。逆に、痛みが続いている間は炎症があります。

体内に炎症が起きている時、組織は癒着しやすい状態になり、関節周囲で癒着が起きると拘縮が起き、凍結肩と呼ばれる状態になります。

五十肩が進行しその状態になると、痛みはなくなりますが肩が上がらない状態になってしまいます。

こうなると、痛みを伴うストレッチを繰り返すか手術で癒着を引き剥がすしかありませんので、患者様の負担は大きくなります。

では、動かすのが良いでしょうか?

痛みがある状態=筋肉に負担がかかっている状態です。しかも、肩関節は人体の中では一番可動域が大きい関節=一番不安定で弱い関節です。

そこを支えている筋肉がボロボロなのに無理に引き延ばしていると筋肉の断裂が起きます。

痛みが取れても、肩をあげる筋肉が切れているためあげることができません。

では、どうしていけば良いのかですが、『治療で一刻も早く痛みを取って、痛みのない状態でしっかり動かす』ことが大切です。

関西にある、五十肩専門で治療されている先生は数回から長くても十数回の治療で五十肩を元の状態に戻すことができます。

当院でも、治療を重ね、患者様の反応や肩周囲の解剖学、関節の連動性を考察してどのような状態の肩にはどのような治療が必要かを観察してきました。

当院は五十肩の専門というワケではありませんが、ちゃんと勉強した結果、少なくとも1年もかかるとは到底思えません。

夜間痛でお悩みの患者様、治療の際に寝る時の姿勢は聞かれましたか?
眠る時には筋肉の力が抜け、リラックス状態になります。

この時、疲労や何かのトラブルで伸びにくくなった筋肉があると変な力が関節近くにかかったり筋肉そのものが無理にひきのばされることで痛みが出ます。

胸のあたりは治療されましたか?肘から先、肩甲骨の間は治療を受けましたか?

受けていない場合、『肩に炎症が起きているから肩が悪い』という安直な発想のもと、深くあなたの肩を考察されず治療されているということかもしれません。

さて、今日来院された五十肩の患者様、今夜と次回お会いする時が楽しみです。

 

お子様連れの受診について

こんにちは!福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

今宿から九大学研都市あたりはどうやら子育て世代が多いようで、よく『子連れでの受診はできますか?』とか、『赤ちゃんと一緒でも受診して大丈夫ですか?』といったご連絡をいただきます。

もちろん子連れでの患者様も大歓迎です^ ^
当院はキッズルームを準備してお子様連れの患者様をお待ちしております!

目が離せない月齢のお子様でも、あらかじめお伝えいただいていたらスタッフを増員して対応させていただきておりますし、施術室とキッズルームは空間がつながっておりますので赤ちゃんが泣いた場合でもすぐに駆けつけられますよ^ ^

子連れ可!!!赤ちゃん可!!!な鍼灸院ですので、産後に腰痛で悩んでいる・・・育児中で疲れが溜まっている・・・骨盤の状態が気になるなど、身体のメンテナンスを必要とされているお母様は是非、ご連絡をお待ちしています^ ^

子連れでも安心!キッズルーム
子連れでも安心!お子様、赤ちゃん大歓迎!キッズルーム完備!