施術の流れ

腰痛改善までの流れ                    

腰痛は適切な対処を行えば必ず改善していきます!

腰痛などのお悩みは人によって症状が違います。
文字にしたらどの人も同じ『腰痛』に過ぎませんが、痛みの部位、痛みが出る姿勢、細かな症状など、どの人の腰痛も全く違った病態を持っています。
にも関わらず、『この病気にはこの治療!』と、病名に対して決められた治療しかできないのでは症状は改善していきません。
鍼灸院おるきでは、その人の姿勢や癖を評価し、身体の動きを60通り以上の動きのチェックとバランスの評価を行いアプローチを導き出しています。

来院してからの流れ

初めて来院されたらまず、予診票に身体のことをご記入いただきます。おおまかでけっこうですが、以前の病院などで受けられた治療や診断などを教えていただけると治療の参考になります。

予診票への記入が終わったら                

予診票への記入が終わったら治療方針の説明も含めて問診を行います。これまでの経緯や良くやること、お仕事などあらゆる身体への負担を聞かせていただきます。少し時間がかかりますのでコーヒーなどを飲みながらゆっくりとお話しをしましょう。

施術の前に                        

鍼灸院おるきでは施術の前に身体の状態をチェックさせていただきます。簡単なチェック方法ですが、一緒に身体を動かしてどんな動作で痛みや困っている症状が出てくるかを確認します。これはM-Testと呼ばれる方法で、医師が開発した身体チェック法です。あまり聞きなれないかもしれませんが、M-Testは世界で注目されている身体の分析法、治療法で、毎年海外から治療家が団体を組んで勉強に来ているほどです。当院ではM-Testに加え、当院独自の評価も交えて身体のことを細かく分析していきます。

いよいよ施術                       

身体の評価が終わったら、いよいよ施術に入ります。鍼の施術といっても、当院の鍼治療は服を脱ぐ必要などもありません。身体の表面を刺激するやわらかいブラシを使ってM-Testで分析したポイントへ治療を行っていきます。
このブラシはソマニクスやマイクロコーンと呼ばれ、それだけでも高い鎮痛効果が報告されているものです。
皮膚に貼り付けて使用しますが、これを3〜4日貼りっぱなしで生活をお願いします。
体内に刺さっているわけではありませんので、特に生活を変える必要はありません。

施術が終わったら                     

施術が終わったらもう一度、M-Testで確認した、来た時につらかった動きを評価していきます。この時、症状が軽くなっていることに気がつくはずです。施術結果には個人差がありますが、症状が軽くなる実感を得てください。

もしも変化がなかったら                  

もしも施術終了後に症状の改善を感じられなかった場合は、鍼治療では対応できないお悩みの可能性があります。症状や身体の状態に合わせて治療方針をお伝えし、様々なアプローチをしていく必要があります。

当院独自の制度について

当院独自の制度として、『初診時返金保証』という制度を設けています。これは、治療結果に満足できなかった方や、そもそも鍼治療が効かない病気の方に対するサービスです。
初診の時に限り、治療を受けても何も変化を感じられなかった場合や治療結果に満足できなかった場合、そもそも鍼灸の適応症状ではなかった場合に、当院内でかかった費用を全額お返しするという内容です。
制度をご利用の場合はお手数ですが、2日以内に当院に連絡していただき、領収書をご持参、またはご郵送ください。その場で返金、あるいはご指定いただいたご口座に振り込ませていただきます。

痛み専門だからできる!どこに行っても良くならなかった症状の改善!

大学病院で学んだからこそ、当院独自のアプローチが可能になりました。臨床現場で治療方法そのものを進化させる研究を行い、あらゆる専門家と話し合い、学び合うことができた結果と自負しております。
大学病院まで行かなくても、誰でも気軽に行くことができる場所で同じ治療を受けることができたら・・・
そのようなお悩みの方に出会いたくて、鍼灸院おるきができました。
どこに行っても良くならない。どこに行ったら良いかわからない。そのようなお悩みを抱えている人が、お悩みを解消できるように全力で支えていくことを約束いたします。

どこに行っても良くならない!とお悩みの方は是非、当院にお越しください。