脊柱管狭窄症でよくある症状

こんにちは!

福岡県福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、小野です。

5月のキャンペーンとして、脊柱管狭窄症の患者様に初診料サービスの取り組みをしております。

そこで、よくあるお問い合わせについてご紹介します。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状が間歇跛行(間欠跛行)と呼ばれる症状です。

歩いていると痛みや痺れで動けなくなり、その場で少し休んでいるとまた、動けるようになるという症状のことを間歇跛行と呼びます。

歩いていると筋肉を使いますので、筋肉の疲労や凝っている筋肉の影響で腰部にストレスがかかり、このような症状が出現します。

しかし、同じように筋肉を使う行動、例えば自転車に乗ることや立っているだけでは痛みや痺れが出ない人がいます。

使う筋肉、場所、かかるストレスなどによって脊柱管狭窄症の原因は異なりますし、その原因をしっかり分析して把握しなければ、脊柱管狭窄症の治療にはならないということですね。

脊柱管狭窄症の治し方として、当院の治療技術であるM-Testは分析に長けています。

お悩みの方は是非ともご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA