椎間板ヘルニアの診断。でも、症状は?|福岡県福岡市西区今宿の鍼灸院おるきのブログ

こんにちは!

福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

今日は県外から腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けた人が診療に来てくださいました!

片道3時間かけて来られたとのことで、それだけで頭が下がる思いですがやっぱりそれだけきつく、何とか治る方法を探して来てくださったんだと思います。

ですが、やっぱり車で3時間。腰痛の症状が出る椎間板ヘルニアの方にとっては非常にきつい!

遠くてすみません(汗)。

今日も途中から座っているのがきつすぎて帰ろうかと思ったそうです(焦)。

さて、椎間板ヘルニアですが、患者さんは実に色々な症状に悩みます。

痺れがある人、痛みがある人、足がつりやすくなる人、お尻の痛みが取れない人、様々です。

病院に行っても、ある病院では椎間板ヘルニアといわれ別の病院では脊柱管狭窄症と言われさらに別の病院では腰の骨がすべっている(すべり症)と言われて、どれが正しいのかもわからなくなっている人がほとんどです。

でもこれ、実は全て正しいんです。

医師によって見るポイントが違うだけで、でもレントゲンは今の状態を現しているわけですから。

きっと、あなたの腰の骨はヘルニアになっていて脊柱管が狭くなっていてちょっとすべっています。

意外かもしれませんが、腰痛の症状が全くない健常者でも腰のMRIを取るとヘルニアが見つかったり脊柱管の狭窄があったりします。

じゃあ、なぜ症状がある人と症状がない人がいるかですよね。

これは、腰につながっている筋肉や筋膜の柔軟性があるかないかだと思います。

症状がある多くの患者様が、足首から骨盤、背骨、首へとつながる身体の縦のラインに問題があります。

特に足首が硬い人とかは多いんじゃないかな〜(>_<)

治療はポイントを絞って、腰に負担をかけている筋肉をほぐしていきます。

今日の患者様はだいたい15分で症状が全て改善しました^ ^

手術をしてしまった人や経過が長い人は改善まで時間がかかることもありますが、生活の質を取り戻すためにはいずれにしても対策が必要になります。

その対策として、当院の治療を選択していただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA