「未分類」カテゴリーアーカイブ

家族のケアも頑張らねば!突然の妻のめまい|福岡県福岡市西区今宿の鍼灸院おるきブログ

こんばんは!福岡県福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

昨日のことですが、治療院を閉めて帰宅しようとした時に妻から『なんか、めまいがする。直せる?』とLINEが届きました。

『とりあえず鍼を持って帰るから待ってて(焦)!』

と慌てて帰宅。

帰ったら妻がフラフラしていたのでとりあえず座らせ、眼振やバイタルをチェック。同時にM-Testもチェックしました。

とりあえず、危険性のあるめまいではなさそうだったので治療開始。

判断したところでは肩こりが原因で頚椎に負担がかかり、それでめまいが誘発されたのではないかという感じです。

ソマレゾンを使って脊柱の動きを良くし、頚椎へのストレスを緩和。同時にオステオパシーで頸部の動きを整えて起き上がるとスッキリした感じ!めまいも改善していました^ ^

日頃子育てで目が回るように忙しくしている妻ですが、最近は僕も忙しく、妻のケアができていませんでした。。。

反省です。

今日はゆっくり眠れるようにマッサージをしてあげたいですね。

鍼灸院おるきは妻をはじめ、いつも頑張っているママさん達を応援しています!キッズスペース、デカフェコーヒーをご用意してお待ちしています!

患者様に感謝!

こんばんは!

福岡市西区今宿の鍼灸院おるき、院長の小野です。

今日はありがたいことが多くあったので感謝をたくさんする日でした。

まずは、複数の患者様が県外からはるばる受診してくださったこと。

近所の患者様ももちろん大切なのですが、当院の治療にそれだけ価値を見出してくださっているということで、来ていただくだけで嬉しく思いますし身が引き締まります。

欠点は、せっかく口コミしてくださっても広がりが難しいという点でしょうか。

片道3時間だそうです。下手な治療はできないとドキドキしますね(>_<)

さて、2番目は近隣の患者様がわざわざ当院のパンフレットを配るために取りに来てくださったことです。

その患者様は治療では1回だけ関わらせていただきその後は調子が良好なのですが、口コミを広めてくださりパンフレットをどんどん配ってくださっています。

いつも、非常にありがたく感じます。

最後に、腰椎椎間板ヘルニアと筋膜の関係が治療中に理解できたことです。

当院が行っている治療法M-Testでは、その都度、患者様への治療の反応を見ながら治療を行います。

その際、いろいろと発見できるのですが、今日はヘルニアと筋膜でした。

M-Testで専門的に治療を行うとどんどん新しい発見があるので施術を行っているだけでさえどんどん治療が上達します。

 

これからも遠方からご来院くださる患者様、近場で当院に協力くださっている患者様、新しい発見をくださる患者様に応援を頂きながら毎日の診療を頑張りたいと思います!

筋膜リリースの注意点

筋膜リリースや筋膜はがしといった単語をよく聞くようになり、筋膜リリースという名前のストレッチ本も多数出ています。

ストレッチでセルフケアは非常に良いのですが、間違った方法で行うと症状を悪化させる恐れがあるので注意してください。

筋膜は全身つながっているといわれていますが、細かく分けると全部で12本あると言われています。

筋膜を剥がす際、悩みに応じた筋膜を剥がしてやる必要があるのです。
先日、仕事を終えて家に帰ると、妻が腰を押さえて悶えていました。

話を聞くと、TVでやっていた筋膜リリースをやってみたとのこと。TVを確認すると、背中や下半身の後ろ側、ハムストリングと呼ばれる筋肉や筋膜のリリースをしていました。

妻の身体を改めて確認すると、身体の前に前につながっている筋膜を剥がす必要があり、太腿の前をリリースしてやると腰痛は軽くなりました。

動けなくなった理由は、身体の後ろの筋膜と身体の前の筋膜のバランスがおかしくなり、姿勢が崩れたことによるものと考えられます。

筋膜リリースは自宅で簡単にできるセルフケアの一つです。

でも、場合によっては痛みを痛みを引き起こしてしまうこともあります。

もし、痛みがひどくなったら必ずプロに相談してください。

腰痛の治療

こんにちは!福岡市西区今宿の鍼灸院おるきです。

治療ページにも記載していますが、当院の治療は患者様の自立を支援するための内容になっています。

病院や治療院に通い続けるのではなく、腰痛の本質を治療して、患者様自身で体調管理ができるようになるのが理想です。

そして、全く痛みのない身体、寝たきりにならず、いくつになっても自分が好きなことを追求できる身体作りを一緒にしていこうという治療院になっています。

そのために必要なことは、厚生労働省生活習慣病対策室が掲げている政策である『1に運動、2に栄養、しっかり禁煙、最後に薬』であると考えています。

しかし、多くの患者様は最も大切とされている運動ができる状態にありません。

身体のどこかに痛みがあり、動かしたくても動かせなかったり、運動をすることが身体に良いことだとはわかっているものの身体が弱っていて運動を継続できなかったりします。

 

鍼灸院おるきでは、大学病院でも導入されていてMLBなどの世界で活躍するトレーナーさんが勉強しにくる方法、M-Testを活用して痛みを除去し、まずは患者様が運動できる身体を作ります。

その上で、ちゃんとスポーツ医学を学んだ鍼灸師がトレーニングやストレッチなどを駆使し、身体そのものを改善していくことにしています。

腰痛を再発させたくない人は鍼灸院おるきにご相談ください。

腰痛、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニアなどの痛みや痺れにお悩みの方は福岡市西区今宿駅前の鍼灸院おるきにご相談ください。

福岡市西区今宿の鍼灸院おるき

電話:080-6457-6639

〒819-0168 福岡市西区今宿駅前1丁目3−28

今宿ホワイトマンション105

メール:kokonioruki@gmail.com

HP:http://kokoni-oruki.info

人類の宿命『腰痛』

こんばんは!福岡市西区今宿駅前の鍼灸院おるきです。

日本人の実に8割が、一生の間で一度は経験すると言われてる腰痛。このブログにたどり着いた方はもちろん、自分や身の回りに腰痛がないという方も他人事ではありません。

よく言われているのは、『人間が2足歩行になった宿命で仕方がないこと』でしょうか。

これが本当だと、腰痛になった8割の人は仕方がなく、腰痛にならなかった2割の人はラッキーなのでしょうか。

おそらく、そうではありません。
個人的な見解は違います。

ずっと腰痛の患者様、腰痛ではない患者様の身体を診てきましたが腰痛になっていない人は、腰痛にならない身体をしています。

それは特別なことではなく、ちょっとした身体の使い方であったり、普段の心がけであったりします。

逆に、腰痛の人は腰痛になる特徴があり、その特徴を鍼や運動で改善することで腰痛から解放されます。

特徴は脊柱管狭窄症やヘルニアなどの病態であったり、その人の仕事内容や癖などによって違うので特徴に合わせた対処が必要ですが、腰痛は治療で良くなるもの。宿命ではないですよね!

腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などでお悩みなら福岡市西区今宿の鍼灸院おるきにお任せください。

腰痛、慢性腰痛の治療なら鍼灸院おるき
〒819-0168
福岡県福岡市西区今宿駅前1−3−28 今宿ホワイトマンション105
電話:080-6457-6639
メール:kokonioruki@gmail.com
ホームページ:http://kokoni-oruki.info/

鍼灸院おるきの得意な疾患について

こんにちは!
福岡県福岡市西区今宿にある鍼灸院おるきです。

今日は鍼灸院おるきに通っている患者様にはどのような方がいるか、どのような症状に対処できるかについてご紹介します。

鍼灸院おるきが最も得意とする症状は腰痛です。特に、どこにいっても良くならないと嘆いているような方の腰痛、いわゆる難治性の腰痛や慢性腰痛などには特に強く、適応の範囲が広いと言って良いのではないかと思います。

理由は色々とありますが、一番大きな理由は院長である小野が長い間、大学病院の外来で腰痛の患者様と向き合って来たからだと思います。

大学病院ですので、どこに行っても症状が改善せず手術をするかどうか迷っている人や、手術に踏み切ったけれども痛みが残った、あるいは再発したというような患者様が最後の砦として回ってくるような場所でした。

環境には恵まれていて、ゴッドハンドと呼ばれる医師や日本代表のトレーナー、スポーツ医学の本場であるアメリカで修行してきたようなトレーナーと意見交換をしながら一緒に仕事ができた上、自分の研究室でもどのタイプの腰痛にはどこに刺激を与えて、結果どのように身体が反応するかなどを詳細に分析しながら治療の腕を磨くことができました。

その結果、ぎっくり腰などの急性の腰痛はもちろん、脊柱管狭窄症や腰椎分離症、腰椎すべり症、ヘルニアなどの脊柱の障害、原因がわからない坐骨神経痛などにも対応できるようになったのだと思います。

鍼灸院おるきの患者様にはこのような方がいます。
手術後にも起き上がれない程の痛みが継続しており、当初は週に2回、2年間リハビリに通っても全く腰痛に変化がなく仕事を辞めるかもう一度手術をするかで悩んでいた患者様でしたが今では簡単な自宅でできる体操とどうしてもきつくなった時だけ(2〜3ヶ月に1回程度)来院していただくというスタイルで普段は全く痛みがなく過ごせている。

28年間、腰痛で抗鬱薬や精神安定剤、睡眠薬などを処方されていて腰痛は難病が原因だからうまく付き合うしかないと言われていた患者様でしたが3週間に1回、当院で筋肉をほぐすだけで以前はできなかった旅行に行けたりもう一度運動を始める気になり睡眠薬も必要なくなった。

ぎっくり腰で『どんなぎっくり腰も1発で治せる』という整体院に行ったが良くならず、ダメ元でお願いしたらその場で動けるようになった。

症状によって当然対処は違いますが、皆さんその日のうちに効果を実感していただいております。
効果を出せなければそれだけで罪と思っておりますので色々と取り組みもしております。

詳しくはお問い合わせください。あなたに合わせたサービスをご用意しております。

 

腰痛、慢性腰痛の治療なら鍼灸院おるき
〒819-0168
福岡県福岡市西区今宿駅前1−3−28 今宿ホワイトマンション105
電話:080-6457-6639
メール:kokonioruki@gmail.com
ホームページ:http://kokoni-oruki.info/

 

鍼灸院おるきの治療方針について

こんにちは!
福岡市西区今宿の鍼灸院おるきです。

鍼灸院おるきのコンセプトは患者さんの自立した健康です。
身体のメンテナンスは別として、治療院に通い続けるのはやはり健全ではありませんよね。

厚生労働省も方針を打ち出していますが、健康管理に最も重要なのは運動です。

1に運動、2に栄養、しっかり禁煙、最後に薬。

これが健康管理の鉄則です。
しかし、多くの方が1の運動が、腰痛などの痛みや身体の不調によってできなくなっています。
鍼灸院おるきでは、この運動を鍼治療などをすることによってできるようにし、院内の運動設備でトレーニングを行えるようになっています。

スポーツ医学の原理に則ってその患者さんの悩みを解決できるように筋力をつけていきますので非常に効率よく自立した健康にたどり着くことができます。

治らない腰痛・膝痛なら鍼灸院おるき
(ケア・ワークモデル研究会公認M-Testインストラクター、スポーツ健康科学修士)

〒福岡県福岡市西区今宿駅前1−3−28 1F
電話:080-6457-6639
メール:kokonioruki@gmail.com
ホームページ:http://kokoni-oruki.info